ブログの訪問ありがとうございます。

ブログ運営者のmomoです。

まずは私の自己紹介からしたいと思います。

年齢は43歳
パートをしている主婦です。

夫と子供2人の4人家族です。

ペットは子供がアレルギーなのでいません。

どうして開運なの?

実は、
30代になった頃から

「どうしてこんな事が起きるの~」ということが頻繁に起きるようになりました。

子供が急に怪我したり、
病気になって色んな病院にかかったり、
夫が急性胃腸炎で救急病院のお世話になったり・・・。

これぐらい、どの家庭でもあることかもしれないですが、私の周りにそんな家族はいません。

すると、
どんどん気になるんです。

うちは運が悪いんじゃないかって・・・。

こうなるとマイナスのスパイラルにはまったようで、次から次に、運が悪い事が起き・・・家族関係も崩壊しつつありました。

この家から逃げ出そうかってことも・・・。

そんな時にたまたま健康雑誌を買い、その雑誌の内容が良くて、まずは健康からと思い雑誌に書いてある健康法を実践し始めました。

何となく体調が良くなってるような気がして、また次の月もその雑誌を買っていました。

それが、数ヶ月続いたある月の内容に、開運の記事が載っていたんです!!

そんな凄いことじゃないですよ。

その時の記事の内容は
幸せになる玄関の作り方でした。

でも、

体験談を読んでいくうちに「うちでもできるかも」と思い、やり始めたことが開運を気にするようになったきっかけです。

開運を意識してどうなった?

それからは、開運に関するワードに敏感になりました。

テレビ番組で「風水」を取りあげられたら見たり、主婦雑誌にも風水の記事がのると読んでみたり。

運が悪くなる人の特徴を聞いたら、自分が当てはまらないかチェックしたり。

そこで、気づいたのが、マイナスな感情が1番ダメだという事でした。

マイナス感情って恐ろしい

マイナス感情はネガティブな思考です。

病気や怪我って誰にでも起きることですよね。

それが、ネガティブな人だと

「病気になってしまった・・・ひどい病気かも」

と悪い方に考えてしまい、本当に自分からひどくしてしまうんです。

夫と喧嘩したら「また喧嘩するんじゃないか、またブツブツ言われるんじゃないか・・・」そんな風に考えていると、本当に喧嘩したり。

こうなると、悪いことがどんどん起きるんです。

これ、本当ですよ。

あなたも、そういう風に思ったことないですか?

でも、
雑誌がきっかけで知った開運方法に救われたんです。こんな私でも。

いい方に考えてみる

病気をしたら「これぐらいの病気で良かった。すぐに治るね」
怪我をしたら「これぐらいの怪我で済んで良かった」

同じ病気でも、
考え方を変えると少しずつ変わってくるんです。

でも人間、
それくらいじゃ信用できないというか、心配ですよね。

そこに加わるのが「幸せ玄関の作り方」の実践です。

これをやることで、幸せになった人がいると思うと、自分も同じようになりたいと思って、頑張れるんですよ。

最初のきっかけは「幸せ玄関の作り方」ですが、それからどんどん違う事もやってみるようになりました。

私がやってみた開運法

色々やりました。

トイレ掃除で開運、風水、引き寄せの法則、神社参拝、厄除けなど。

本も色々読みました。

運がいい人の本を読みまくり、なるべく自分もそんな人たちに近づけるように考えを変えるようにしました。

そうすると、
昔と同じようなことでも、いい方に進んでいくようになりました。

そこで悪い運が切れる感じです。

こうなると、
心も軽くなり、健康になっていく気がしました。

家族の笑顔も増え、喧嘩も少なくなり、くじ運が良くなったりしました。

でも、
ずーっといいことばっかり続くわけじゃないですよ。

人の運気はそれぞれ生まれた年月日によって違うので、悪い時もあります。

でも、
前に比べたら、すぐに好転するようになったんです。

今もいいことがあったり、
悪い事があったりしますが、

それでもあの30代最初の開運を意識する前に比べたら、天と地ほどの差です。

こういうのって、自分だけでいい思いをするより、人の為に動くとまた運が上がるので、ブログで開運について紹介していこうと思ったのが、このブログを運営するきっかけです。

自分でも再確認できるこのブログが、あなたの開運の役に立つと嬉しく思います。