風水では「人は寝ている時に厄を吐き出し、幸運を吸収する」と言われています。

寝るといえば寝室。

この寝室が汚れていたり、風水的な問題があるとパワーを吸収できません。

そこで、寝室の方角にあったインテリアやラッキーカラーを取り入れて対策をしましょう♪

Sponsered Link

風水でどの方角の寝室でも共通する気をつけることとは?

どの方角でも共通する気をつけることは

  • ベッドは大きめにする
  • 材質は木製
  • スチール製はNG
  • 枕元に気が乱れるものを置かない
  • ベッドカバーとカーテンの陰陽のバランスを取る
  • ぬいぐるみをたくさん置かない
  • 寝ている姿が鏡に映らないようにする

です。

人は起きている間に気を放出しています。疲れがたまると気も弱ってきます。

寝ている間に十分な気を取り込まないと、パワーもでなくなりチャンスをつかめなかったり、金運がダウンしたりします。

ぬいぐるみを寝室にたくさん置いていると、折角寝ながら良い気を充電しようとしているのに、良い気をどんどん吸い取られていきます。

鏡に寝姿が映ると、吸収しようとした気を跳ね飛ばそうとするので注意が必要です。

方角別の注意点やおすすめインテリア

北東

北東の寝室は吉

北東の寝室で寝ると「変化に富んだ人生を歩む」と言われています。

引っ越しや転職が多くなり、相続運にも影響があるのでインテリアで運気をあげましょう。

家具は少な目にして、白系のインテリアにすると良いですよ。音のでるテレビやラジオなどは東に置くと更に運気アップします。

北の寝室は大吉

北の方位にある寝室で寝ると、お金も貯まり夫婦関係や人間関係を円満にしてくれます。

インテリアのポイントは、カーテンやベッドカバーなどは暖色系にして、北側にはチェストを置いて引き出しの中に通帳や財布を保管して、西側にはドレッサーを置くと金運もアップします。

東の寝室は大吉

パワーにあふれる東の方位の寝室は、バリバリ仕事をしたい人向きです。朝に窓を開けて換気をして太陽のパワーも取り込むと運気アップします。朝が無理な場合は寝る前の換気でもエネルギーが活発になりますよ。

インテリアはシンプルがベストです。色は明るい感じにして東に赤色のものを置くのも運気アップにつながります。

東南

東南の寝室は大吉

何をやっても上手くいくパワーがとりこめます。植物や木などと相性がいい東南の寝室には、花柄や暖色系のインテリアがオススメです。

Sponsered Link

南の寝室は吉

直感力やひらめきを高めてくれて隠れた才能を引き出すパワーがあふれています。

インテリアは白いものがオススメで、南側に1対の観葉植物を置くと運気がアップします。枕元にキレイな画像が載っている写真集などを置くと落ち着いて眠れます。

南西

南西の寝室は吉

家庭円満のパワーに満ちている南西の寝室は、中年以降になるとグングン運気がアップします。
カバー類はナチュラルカラーの天然素材のものにすると良い気を取り込めます。強い西日が入るようだったら、ベージュ色のカーテンで遮光しましょう。

西

西の寝室は大吉

金運を司る西の方位では、金運のパワーを取り込めます。そのためにも、高級感のある家具を置きましょう。西にはきいろやゴールドが入ったものがベストです。

ベッドの横に金属素材の写真立てを置いて家族の写真を飾るとさらに運気アップできますよ。

北西

北西の寝室は吉

北西は上司など目上の人に恵まれる方角です。木との相性がいいので、家具は木製にしましょう。インテリアの色は薄グリーンやベージュなどがオススメです。

女性はお気に入りのジュエリーボックスを置くと疲れが取れやすくなり、体調も整います。

中央

中央の寝室は吉

一家の主が寝るのにふさわしい方位です。子供や女性が寝る場合には、北枕にすると荷が重くならないです。

木製のインテリアにして無駄なものは置かず、シンプルにするのがオススメです。枕元に観葉植物を置くのもオススメです。

最後に

寝室はトイレと違って、どの方角でも悪い運気にはなりません。

でも寝室が汚れていたり、ごちゃごちゃしていたら疲れが取れないで運気もダウンしてしまいます。

寝室ではとにかく寝ている時にどれだけ良い気を取り込めるかが大事です。気を乱すようなものを置いたり、人に見せる部屋じゃないからと散らかったままにしないで、掃除を基本として、方角別にあったインテリアも取り込んでみてくださいね。

Sponsered Link